駆け出しWEBライターが、月収10万円を稼ぐまでの理想と現実。

今回は、駆け出しフリーライターの皆様が、おそらく最初の目標とされるであろう「月収2桁」を達成させたお話をしようと思います。


  • 未経験からフリーライターを目指している人
  • 既にフリーライターで、月収2桁を目指している人
  • 駆け出しフリーライターが2桁を達成するまでの過程を知りたい人(※あくまでもカネハナ*の場合です)


これらの条件に当てはまる人の、参考になれば嬉しいです。


4月からフリーライターとしての活動を開始して4ヶ月。結論から言うと、活動当初の売り上げ目標金額の10万円を、達成することができました。

まずは、7月の活動スケジュールをご覧ください。


こちらは、Instagramに投稿した画像です。コメントにもあるように、14時間以上パソコンへと向かう毎日。ざっと文字数を計算したところ、およそ14万字。平均文字単価は、0.7円です。

月収10万円を達成するため、プライベートな時間を削ってまで文字を打ち続けた7月。理想としていたフリーランス生活とは程遠く、現実の厳しさを目の当たりにしました…。


売り上げ目標10万円を達成するために失ったもの

売り上げ目標に固執しすぎた7月の私。その結果、失ってしまったものがたくさんあります。


・プライベートな時間

まず、真っ先に失ったものはプライベートな時間。この時間は、ライターにとって必要なインプットをする時間にもあてていました。結果、作業時間が伸びてしまうという悪循環に…。


・睡眠時間

14時間以上仕事を続けていれば、自ずと睡眠時間も減ります。気がつくと、空が明るかったなんて日も。集中力も散漫となり、作業時間は更に増え続けることとなりました。


・SNSのフォロワー数

更に、減り続けたのは自由な時間だけではありませんでした。執筆に時間をとられた結果、SNSの更新が滞りフォロワー数も激減してしまったのです。SNSは、ライターにとって重要な宣伝ツール。フォロワー数が減るということは、今後の集客にも影響することなってしまいます。


以上のことから、駆け出しWEBライターが目先の収入にばかり目をとられると、私のような負のスパイラルへと足を踏み入れることとなるのです。


月収10万円を達成しましたが、カネハナ*方向転換します。

10万円を手に入れることと引き換えに、満身創痍の状態となってしまったカネハナ*ですが、得られたものもありました。それは、目先のお金にとらわれないことです。

眠れぬ夜を越えて手に入れる目先の10万円か、健康的な生活を送りつつ手に入れる10万円か。どちらが大切かは明白でした。


考えてみれば、フリーランス生活を始めてから、まだ半年も経っていないのです。社会人としては中堅に入るとしても、フリーランサーとしてはリクルートスーツを着たひっつめ縛りの女も同然。気負い過ぎていたのです。


ここらでちょっと肩をまわし、深呼吸をつきましょう。冷静に、冷静に。そして、今回の結果を教訓として受け止め、鼻から息を吐きつつ今後の方針決めました。


▼2020年7月までの方針の振り返り

・売り上げ目標10万円

とりあえず、2桁を目標にしようという安易な考えで設定した金額です。実際にフリーランスになると固定費がもろもろかかるため、この収入だと貯金はできませんでした…。


・作業時間 8:30〜21:00

以前の職場がこの勤務形態だったので、体力には自信がありました。しかし、創作活動というのは脳味噌を絞り出す作業であると、今更ながらに気づいた私。前職との違いを痛感しました。


・文字単価0.5円以上の案件に絞る

「2,000字で1,000円!? いけるいける♡」と安易に引き受けていた私。しかし、情報収集がメインの記事だと、なんと半日かかってしまうこともありました。最低賃金とは...?



▼2020年8月の方針とこれから

*売り上げ目標はなし

まず、真っ先に決めたのが売り上げ目標は決めないということ。数字に固執してしまうため、目標設定は別に立てることにしました。

固定費分を稼ぎつつ、赤文字を入れてくれるクライアント様と、実績を作っていきたい。これが今の私の課題です。


*作業時間 8:30〜19:00

ブラック企業体質がぬけず、「24時間働けますか?」状態だったカネハナ* 。

「せっかくフリーランスになったのだから、ホワイトな生活がしたい!」

という、心の声に耳を傾けることにしました。

時間を有効に活用するため、とある方法を実践することに! この方法については、別記事でご紹介します。


*文字単価1円以上の案件に絞る

2020年7月より、認定ランサーへと昇格したカネハナ* 

ランサーズ 様!!ありがとうございます!!!

ライターとしてのお墨付きをいただいたので、名誉に恥じぬよう自分を安売りするのをやめます。


*ホームページの充実化

クラウドソーシングサイトでお引き受けする案件の多くは、実績として公開不可な案件が多いのが現状です。そのため、ポートフォリオとして提出することができず、何件かお断りされてきました。

それなら、「自分で実績を作ればいいじゃん!」ということで、ずっと夢だったHSPに悩む女性たちの情報メディアを作ることにしました。

個人ホームページも兼ねているので、まだ執筆数は雀の涙状態。更に案件と並行しつつの執筆作業となるため、カメ更新となる予定ではございますが、ぜひご覧ください。


▼月収10万円を目指す駆け出しフリーランサーへ、カネハナ*が伝えたいこと

最後に、今回私が学んだ教訓をシェアさせてください。


  • 文字単価1円以下だと毎日14時間勤務の超絶ブラック環境になる
  • 目標金額よりも文字単価の向上を狙うべき
  • 自分のキャパシティ以上の案件は引き受けない


以上が、この記事のまとめとなります。

あくまでも私のライティングによる超個人的な見解なので、フリーライターを目指す人たちの参考になれば嬉しいです。

それでは、また別の記事で。

眠れない夜に / HSPフリーランス創作者カネハナ*

眠れないHSPさんに読んでほしい / エッセイ HSPに悩む私のフリーランス生活の記録

0コメント

  • 1000 / 1000